TOEIC中級者向け。700点達成のためのひとつ上の勉強法を紹介

スポンサーリンク
TOEIC勉強法
スポンサーリンク

700点の難易度は?

ここでは、ある程度(600点くらい)はできるようになってきたけど、それ以上伸び悩む方向けに、700点をクリアするためにはどうすれば良いかを紹介していきます。
まず700点とはどれくらいのレベルなのか、これにはいろいろな意見があると思いますが、私は以下のように考えています。
・必要な単語数は2,000単語以上(単語帳2冊ほど)
・英検であれば2級以上
・一般的に700点以上あれば海外部門での仕事ができるとみなせる
・達成するまでには1年くらいの時間を見ておくのが良い
もちろん個人差があるので一概には言えないですが、ある程度レベルが上がることは間違いありません。
スコアが低いうちはまだ点数UPしやすいですが、700点くらいになってくると段々難しいと感じる方が多いのではないでしょうか。
確かに私も最初のうちは700点超えるまでが一つの壁のように感じましたし、何度か受験することで達成できたというのが事実です。
でもその分700点をクリアできれば、それだけ周りからも評価されるのでこの壁をクリアする価値はとても大きいです。
では、700点になるとどのようなことが変わってくるのでしょうか。
600点まではある意味多少大雑把に進めていてもできていましたが、700点になってくると小手先のテクニックだけでは通用しなくなり、基礎ができた上である程度の応用力も求められてきます。
特に、普通に解けば得点できるはずの問題で失点をせず、得点源にできる部分は確実に得点にできるというベースがしっかりしている必要があります。
とはいえ、990点満点中290点はできなくてもよいということになるので、そんなに難しく考える必要もありません。
基本的には600点を目指して勉強した延長だと思ってもらって問題ありません。
700点だからと言っても、特に身構えずに気持ちを楽にして取り組みましょう

700点を取るためのポイント

600点を目指すにはある程度「やることとやらないことを決める」ことが大事だと紹介しましたが、700点でも基本それは同じです。
ただし600点のときに目指したところから、さらに守備範囲を広げていく必要があります。
600点取れる人はある程度Part1,2,5,6はできていると思われますので、次に得点源とするべきはどこでしょうか。
それはズバリ、リスニング(Part3,4)です。
このPart3,4をリズムよく解けるかどうかが700点取得の分かれ道になるといっても過言ではありません。
ですので結論を先に言うと、700点の対策は「Part3,Part4を集中的に学習する」ことです。
理由は、絶対的にリーディングよりもリスニングの方が点数が取りやすいし、短期間で力が伸びやすいからです。
Part7の長文問題はちょっとやそっとじゃできるようにはならないので、そこは割り切って考えてください。
Part3,Part4の点数をいかに上げるかが重要になってきます。
では、どうやってPart3,Part4の点数を上げるか。
これは後述しますが、問題文の先読みの速読力と、あらかじめ問題文からどんな答えになるかの予測力を上げることです。
ここができるようになるかどうかが全てだといっても過言ではありません。
一度でもTOEICを受けたことがある人ならPart3,Part4のパターンはおわかりかと思いますが、1つの会話ごとに3問出題されます。
以下のように、会話が流れる前に①②③の手順であらかじめ先読みをした上で会話を聴きとっていく必要があります。実際に問題を解くときには④⑤⑥のようにさっとしか読みません。
★リスニングの問題を解くための手順
(引用:TOEIC(R) L & R テスト 究極のゼミ Part 3 & 4)
この先読みの速読力が重要です。
また以下の問題を見ると、場所を聞かれているわけですが「駅」「お店」「旅行代理店」「郵便局」の情報がすでに分かっています。この中のどれかが正解になるので、あらかじめどのようなシチュエーションで会話が流れるか予測しておくと、スムーズに問題が解けます。
★例題
(引用:TOEIC(R) L & R テスト 究極のゼミ Part 3 & 4)
この問題文からの予測力も重要です。
試験時のテクニックとしては、一度聴いた段階で答えが出せていないといくら考えても無駄なので、どんどん次の問題に進んで先読みしていくことです。
最初は苦しいと感じますが、リスニング時間の45分間ついていけるようになれば、経験上700点はクリアできます。
リーディングができるようになることも大事ですが、700点の段階ではまだPart7の最後の方の文章量が多い問題は丸々捨ててしまっても問題ありません。
文章量が少ない最初の方の基本的な問題をしっかり解くことに集中してください。
私の感覚ですが、700点をクリアするための目安はリスニング400点、リーディング300点取ることを目指すとよいです。

700点取得のための勉強方法

では、私がやってきた内容も踏まえて具体的な勉強法について紹介していきます。

基礎力の強化について

700点取得のためのポイントや学習のテクニックはありますが、それを行うための英語力のベースは必須となってくるため、まず以下の内容に取り組みましょう。
・基本単語の習得 700点以上向けの単語帳1冊
こればかりは最低限知らないとどうしようもありません。下の単語帳は800点向けとある程度難易度が高いですが、ここで身につけた語彙力はリーディング問題を解く際にも生きてくるため、ある程度ボリュームがあるものをおすすめします。
・Part3,4向けの問題集
600点取得の際に紹介した参考書と同じです。リスニング問題を解くための基本はこの1冊あれば身につけられるので、まずはこの問題集をもとに各Partごとに必要なポイントをしっかり押さえておきましょう。
・Part7向けの問題集
あまり深い内容に触れる必要はありませんが、文章量の少ないシングルパッセージなど基本的な問題はできるようにしておきましょう。
次にリスニング力の強化方法についてです。
参考書や教材を見れば高得点取得のポイントは書いてあるけど、実際にどうやってやればそれが身につけられるのかやり方がわからないという方のために、私の経験をもとにリスニング力UPのためのノウハウを以下に紹介していきます。

試験時に必要なポイントとは?

リスニング問題(Part1~4)の全てに共通して言えることですが、全ての内容を完璧に聴き取ることはまずできません。
全てを合計するとかなりのボリュームがあるので、ネイティブや専門家でもない限り完璧に理解はできる人はまずいません。
というより、問題を解くために必要な部分はある一部分でよいといえるので、そもそも全てを聴きとる必要がありません。
重要な部分だけ聴き取れれば正解は導けるので、そのポイントを見極めることが重要となってきます。
では重要なポイントとはどこでしょうか。
まずは、What,Whenなどの最初の部分(5W1Hの部分)です。
ここは正に問題のポイントとなってくるため、最初の言葉は注意して聴きとる必要があります。
★例題
(引用:TOEIC(R) L & R テスト 究極のゼミ Part 3 & 4)
次に問題の中では時間、場所、値段、人、理由などが問われてくるので、それらが話される部分の単語を聴き取れるようになると、問題の全体像がわかるようになってきますので、ここも重要と言えます。
どの文章でも同じですが「誰が」「何を」「どうする」のように、文章のキーとなる「主語」「述語」「目的語」の3語を聴きとれれば意味がわかります。
★例題
(引用:TOEIC(R) L & R テスト 究極のゼミ Part 3 & 4)
この問駄文を例に考えると、「Where(どこに)」「man(男は)」「go(行くのか)」がわかればおおよその意味は分かりますね。
最悪他の部分が何を言っているかよくわからなくても、上で書かれた部分だけ聴き取れれば正解できることがあります。
少しテクニック的な内容となりますが、会話の流れが完全にわからなくても、話している登場人物と聴き取れた単語をもとにあるパターンに当てはめて推測すると答えが予測できるということです。
(絶対ではありませんが、聴き取れた単語と同じものを素直に選択肢の中から選ぶと正解率が高いことがあります。)
少し触れましたが、答えを予測するために問題のパターンを頭に入れておくことも重要です。
Part3は2人以上の会話文、Part4は1人によって話される連絡文などと決まっているので、これを理解した上で事前にある程度パターンを知っておけばおおよそ問題の着地点も予測できるため、試験本番でそれほど慌てることもありません。
具体的には、電話のやり取り、お店の予約、レストランでの食事、社内連絡(人の紹介)、ラジオの放送、館内放送…などがあります。
ここで全てを挙げきるのは難しいので、実際にいろいろな問題集を解いていく中でどのような場面がありうるか自分の中でパターンを整理しておきましょう。
★Part4で良く出る場面やパターン
(引用:TOEIC(R) L & R テスト 究極のゼミ Part 3 & 4)
この積み重ねで問題と答えの予測力は少しずつ身についてきます。

具体的なトレーニング方法

次に、話される会話の予測力をつけても肝心な会話の内容が聴き取れないと問題は解けませんので、英語を聴き取る耳を鍛える必要もあります。
リスニング力をつけるためには段階があります。
それを簡単に整理すると以下のようになります。
・まずは英語の文章を読みながら、目で追いながら耳で内容を聴き取る訓練をする

・次に英語の文章を見ずに、耳だけで内容を聴き取る訓練をする

・それができたら同様に耳だけで内容を聴き、さらに口でブツブツ同じ内容を言いながら追いかけられるように訓練をする
一般的にシャドーイングと言われているものです。
目→耳→口という順番で聴き取る訓練をしていくと、リスニング力を効率よく身につけることができますので、この方法で学習をしていくことをおすすめします。
なお、使う教材などは何でも構いません。
やり方がわかりにくいという方は、例えば自分が子どもの頃に日本語をどうやって話せるようになったかの流れをイメージしてください。
理想はテキストなどない状態でスラスラ聴きとれるようになることですが、最初から何もない状態ではとてもついていけません。
あらかじめ話される英文がわかった状態で耳で聴きとるようなトレーニングをしていくと、相手が話す言葉のリズムや呼吸のタイミングなどがわかってきます。
上記の内容は [海外ドラマを使ったTOEICリスニング学習法] でも触れているので、興味がある方はこちらもご覧ください。
最初は苦痛に感じるかもしれませんが、ここができるようになってくると問題を解くことが楽しくなってきます。
洋画や海外ドラマの会話の内容も少しずつ聴き取れるようになるような応用力もついてきますので、英語が好きになってきます。
ぜひ皆さんには英語が好きに感じるくらいまでリスニング力を身につけてほしいと願っています。

余裕がある人向けに

TOEICの問題を解くだけでなく、余裕がある人は海外ドラマを使った学習がおすすめです。
基本的にやり方はこれまでに書いたものと同じですが、海外ドラマでリスニング学習することのメリットは以下があります。
・ネイティブが話す様々な生きた英語に触れることができる
・自分の興味のある分野を選んで学習することができる
・テスト対策で覚える表現だけではなくて、日常会話での実用的な表現を覚えられる
・学習に使用できる海外ドラマ(題材)はたくさんあるので、その都度参考書を買い足す必要がない
試験だけではなく実際に会話の中で使われる表現を身につけることができるため、TOEIC点数UPだけでなく海外に行った時の応用力もつけることができるので、余裕がある人はぜひ取り入れてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました