三日坊主でも大丈夫!海外ドラマの多観で楽しく英語を学ぼう

スポンサーリンク
TOEIC勉強法
スポンサーリンク

英語学習時にぶつかる壁

英語を勉強するときに、誰もが一度は以下の悩みにぶつかった経験があると思います。

英語を勉強しようと意識するほどうまくいかない!?

英語学習を始めた、もしくはやっていたけど続かなくて途中でやめてしまったという経験はありませんか?

その原因の一つとして、学習が楽しくないからということが挙げられます。

せっかくやると決めて、お金を払ってテキストを買って始めたのに、途中でやめてしまったらとてももったいないですよね。

長続きするコツは楽しいことをやることが一番です。

嫌々ながらやるのではなく、自分が好きなことを通して学習するということです。

そんな方法あったらやってるわ!と思われるでしょうか?
でも、これはとてもシンプルです。

それは難しいことはやらないということです。
自分が取り組めそうな内容を中心に勉強するんです。

机に向かって小難しい内容が書かれた参考書を開いて、さあやるぞと思ってやり始めても、最初はいいけど途中から眠気と戦いながら、3日、1週間、1ヶ月… と日にちが経っていくにつれて自然とフェードアウトしていく…。

こんな経験ありませんか?

そもそも参考書が小難しいので、毎日仕事をしている人にはモチベーションが続かないのも無理ないですよね。

大学受験のように明確な目標を持っている学生であれば話は別ですが、さすがに社会人は仕事が優先になるので話が違ってきます。

毎日自分が好きなことに触れよう

では、難しい内容ではなくモチベーションも保ちながら学習を続ける方法とは何でしょうか。
私がおすすめする方法は、海外ドラマなどの動画を使って学習をするということです。

これはアニメ、バラエティなど何でも構いません。
とにかく自分が好きな分野や興味のある分野を題材にするということです。

料理が好きであれば料理の番組、スポーツが好きであればスポーツの番組、またそれに関わるドラマなんかもいいです。

勉強しようという感覚ではなく、自分の興味のある内容に触れながら英語に慣れていこうという感覚です。

自分が好きな内容であれば、苦には感じないですよね。

特に、シーズン○となるくらいの長編の海外ドラマであれば、量がたくさんあるので学習にはもってこいです。

動画で学習するといいことは何か。それは、絵や音があるということです。
活字だけを目で追いながら学習していくのは、よほど意志が強くないとできません。

でも動画であれば時には普通にドラマを楽しみながらも学習ができるので、気分転換にもなって無理がありません。

たくさん○○をやることの重要性

ここで重要なことがあります。
それはたくさんやるということです。これはかなり重要です。

どんな簡単な英文でもいいのでとにかく量をたくさんこなすことが、できるようになるコツです。
質よりも量をたくさんやって慣れていくことで、英語力は確実に身についていきます。

そもそも、英語学習にはどういった方法があるのでしょうか。
ざっと挙げると以下です。

多読 … たくさん読む
精読 … 正確に読む
速読 … 早く読む
多観 … たくさん観る ★
多聴 … たくさん聴く ★

どれも意味が異なり、状況に応じていろいろな能力が求められます。
そのため、全てのトレーニングをまんべんなく実施していくことが理想ではあります。

リーディングであれば多読、リスニングであれば多聴、それらを合わせて多観といった感じです。

この記事では多観(多聴)について書いていきますが、多読、精読、速読についても以下の記事でも書いていますので参考にしてください。

多読について

精読について

速読について

私のおすすめの多観実践方法

私が今までにやってきて「これ、いいな」と感じた多観のやり方を紹介します。

海外ドラマによるリスニング学習方法については、以下の記事でも書いているので参考にしてください。

多観の基本ルール

ここでは海外ドラマを通した多聴、多観について書いていきますが、やる前に知っているとうまくいくルール(以下)があるので、それを意識するようにください。

前提としてこれを意識しておかないとうまくいかない可能性があります。

・簡単な内容から取り組む
・わからないところがあっても気にしない
・細かいところは気にせず、全体的な流れをつかむことを意識する
・楽しいと感じたものだけをやる

やる前から、「よし、やろう!」と構えてしまうとハードルが高くなってしまいます。
なのでコツとしては構えずに楽に取り組むことです。

最初は海外の子ども向けのアニメやバラエティ(コメディ)などがやりやすいです。
例として「フレンズ」や「グリー」などがおすすめです。

(画像の引用:https://www.amazon.co.jp/)

(画像の引用:https://www.amazon.co.jp/)

いきなり政治の話とか専門用語が多く出てくる番組だと、難しく感じて挫折してしまう可能性があるので注意してください。

やっていくうちによく出てくる単語、決まり文句などの簡単な表現は自然と頭に入ってくるようになります。

「What are you talking about?」
「It’s gonna be all right!」

とかです。
こういうことの積み重ねによって、語彙力は身についていきます。

何より、少しずつわかる言葉が増えていけば効果が体感できるので、英語を聴きとるのが楽しくなっていきます。

こうすることで、英語学習のサイクルやリズムも良くなってくるので、学習の効率も向上していきます。

英語字幕はあり/なしのどちらで観るべきか

私が行ってきた海外ドラマでの学習方法には、主に以下2つがあります。

・英語字幕をありにして観る
・英語字幕をなしにして観る

英語字幕をありにして観ることの効果として、耳で聞き取りながらセリフを目で追うことでリスニング + リーディング(速読)の練習にもなります。

経験上、これができるようになるまでには正直時間がかかりますが、個人的には最初は英語字幕をありにして観るのがおすすめです。

字幕がないと、さすがに何を言っているかわからないので。(汗)

可能であれば、目で追いながらブツブツ口でも追いかけるようにすることでシャドーイングの良いトレーニングになります。

これが慣れてきたら、英語字幕をなしにして耳だけで内容を聴きとるようにするのが良いと思います。

ちなみにこの2つはどちらが良い悪いはないと考えるので、そのときの気分で決める感じで構いません。

・リスニング + 速読力も鍛えたいということであれば、英語字幕あり
・リスニングを集中して鍛えたいということであれば、英語字幕なし

といった具合にです。

自分のお気に入りのドラマ・お気に入りの見方を見つけながら、ぜひ試してみてください。

どれくらいで効果が出るの?

これまでに書いた内容をやってきて、実際にどれくらいでリスニング力が上達した実感が沸いてきたかというと、私の場合では1日2時間くらいずつ取り組んで、3ヶ月を過ぎたくらいから「あ、少しずつ内容わかってきたな」と感じました。

そして半年を過ぎたころから毎日の習慣になっていたので、生活の一部になっていたという感じです。

これは人によって差があると思いますが、私の場合効果が出たかどうかよりもドラマを観るのが楽しくなってしまいそれに夢中になってしまったので、あまり英語の勉強ということは考えていませんでした。

ドラマのシリーズを一通り見終わった後に、「そういえば少し力尽いてきたな」と実感した感じです。

なので本来の目的を忘れていたわけですが、結果オーライです(笑)

ぜひ皆さんにも、お気に入りを見つけることで英語に触れることが好きになっていただきたいです。

多観ができるサイト・方法は?

では、実際に多観をしようと思ったらどこでできるのでしょうか?
以下などから、簡単に実践ができます。

・動画配信サービス(Netflix, Hulu, U-NEXTなど)
・DVDレンタル
・You Tube
・ニュース番組
・スマホアプリ

海外ドラマを観るのであれば、月額1,000~2,000円程度で登録できる動画配信サービス(Netflix, Hulu, U-NEXTなど)を使用するのが簡単でおすすめです。

ただ、各サービスで扱っていない海外ドラマなどもあるので、自分が観たいものにこだわりがある場合はTSUTAYAなどでDVDレンタルするのが確実ですね。

お金をかけたくないという場合は、You Tubeを使うのもアリです。

現在、You Tubeのサイトで検索をかけると様々な動画があります。
これらはタダで観られるため、好きなだけ見放題です。

その他、ニュース番組を第二音声で観ることや、動画が観られるスマホアプリを利用することもあります。

動画に特化したアプリは現在たくさんあり、日に日に増えていっています。

そのため、自分の好きなジャンルで自分に合った動画を探すという観点から、手段はたくさんあります。

自分のお気に入りを探してみてください。

参考になる本を紹介

ここまで書いた記事や私が実践してきた内容は、以下の本を参考にしています。

たくさん○○をやる」という観点で、 多読、多観、多聴などについて総合的に書いてあります。

多読・多観のルールについても書いてあるので、この本の内容を参考に実践してみたらうまくいったというのが事実です。

あくまで補足ではありますが、私のお気に入りの一冊なので参考までに紹介します。

興味がある人は読んでみても面白いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました