あなたの英語学習方法は間違いだらけかも?科学的に英語を学習しよう

スポンサーリンク
英語学習書籍
スポンサーリンク

あなたの学習方法は間違いがあるかも?

英語学習をしていても思うように身につかないと思うことはありませんか?
それはもしかしたら、あなたの学習方法が間違っているのかもしれません。

これまで中学・高校・大学の学校教育で勉強してきたやり方の延長で学習しても、英語は身につかないことが多いです。

それは学校教育のやり方には問題があるからです。

必ずしもうまくいかないというわけではありませんが、私の経験上からも、学校のテストができるようになっても実用英語は身につきません。

今回読んだ以下の本でも同じようなことが書いてありますが、私も基本的にこの内容に同じ意見です。

詳細についてはこの後書いていきます。

日本の学校教育の問題について

学校の勉強では、単語を覚えて、文法を覚えて、その単語と文法を使って、英語を日本語に訳して理解したり日本語を英語に訳すことが中心です。

私が学生の時(15年くらい前)は、英語の授業で以下のようなことをやっていました。

・先生が生徒を順番に指名して教科書の内容を音読する
・出てきた新出単語の意味を問う、単元ごとに単語のテストを行う
・教科書に出てきた本文を暗記して、穴埋め形式で中に入る単語を問うテストをする
・文法を中心に学習して、一文一文正確に訳す練習をする

どうでしょうか?

今の学校教育の現場がどうなっているのかまではわかりませんが、おそらく同じような内容が行われていると思っています。

全ての生徒が英語に触れるような環境を作るという意味では間違っていませんが、これらの内容だけで英語を習得するのは正直厳しいです。

残念ながら、英語を習得するための合理的な訓練とはかけ離れているからです。

英語が言語である以上、身につけるためには実際に「聞く、読む、話す、書く」という動作が必要不可欠です。

教科書に沿って学習するだけでは、これらの作業が圧倒的に不足してしまいます。

もちろん単語も文法も勉強することは無駄ではありませんが、実用・応用できるようにならなければせっかく身につけた知識も使う機会がなくなってしまいます。

高校時代に英語を猛勉強してセンター試験などの大学受験英語は完全にマスターしたけど、英語のニュースや映画、実際にネイティブの話す言葉が全く聴き取れずショックを受けるというケースも多いです。

私もそういう経験はありますし、高学歴の人ほどこの気持ちはわかるのではないでしょうか。

そのため、英語を習得するためには学校教育の脳みそから脱却することが第一歩と言っても過言ではありません。

科学的に英語を学習するとは?インプットの重要性

では、科学的に英語を学習するとはどういうことか?をここでは触れていきます。

冒頭で紹介した「英語はもっと科学的に学習しよう」という本では、「第二言語習得(SLA)」という研究分野をもとに効果的な英語学習法について書いています。

パッと聞いただけでは頭の中が「???」だらけになりそうですが、ものすごく簡単に言うと「インプットが大事だよ」ということを言っています。

もちろんアウトプットも欠かせませんが、あくまでインプットありきのアウトプットであり、比率的にまずインプットをすることが重要ということです。

ここで、本題に入る前にまずインプットとアウトプットの定義について触れておきます。

単純に考えるとインプットは聞く・読むことで、アウトプットは話す・書くということかと思われますが、ここではもう少し具体的に掘り下げていきます。

インプットとは「英語を読み聞きして内容を理解すること」であり、アウトプットとは「自分の言いたいことを英語で言ったり書いたりすること」です。

ここを正しく認識していないと、学習していても効果が薄いものになってしまいます。

英語を実用レベルで習得するためには、このインプットを大量にすることが重要ですが、インプットも正しいやり方をしていなければ「使えない英語」を蓄積することになってしまいます。

そうではなく「使える英語」を身につけるためには、この原則にのっとって学習する必要があります。

ここでは、言語を身につけるためにはそれを使いこなせるだけの知識のベースが必要であり、この知識のベースをつけるためには大量のインプットが大事だと言っています。

相手が伝えようとしている情報を認識したり、自分が伝えようと思っている情報を言語化するためには土台となるベースが無ければ成り立たないし、何よりネイティブが話すスピードにもついていけません。

私も自分の経験上同じ意見です。

私はNetflixなどの動画サービスを観るのが好きで、今でも時間があれば海外ドラマや映画を使って英語を学習しています。

そのときに意識していることは、ひたすら集中して英語を聴きまくったり、英語字幕にして目で追いかけながら英文を速読する訓練をしています。

流れている映像と合わせて、どんなシーン、どんな感情、どんな文脈の時に言うセリフなのかをフレーズごと覚える勢いで観ています。

そして重要な点として、動画を観だしたら何時間も集中して一気にインプットする作業をしています。

これは経験上それくらい負荷をかけた方が身につくのと、「よしやるぞ!」というスイッチが入ったときはいくらやっても苦にはならないからです。(さすがに目や脳みそが疲労することはありますが。笑)

何より感覚的に自分の英語力がレベルアップしている感がわかるので、楽しくなってきます。

このように、単純に単語や文法を暗記するのではなく、自分が英語を使えるようになるためにはどうすればいいかをイメージしながらインプット作業をしていくことが大事です。

そしてこれは「自分の興味がある内容」や「楽しいと感じる内容」を中心にやった方がいいです。
その方が楽しいので効果も高いし、結果長続きするからです。

量をこなす秘訣は「自分の好き」を見つけることです。
自分のお気に入りは何かを今一度振り返ってみましょう。

英語学習がうまくいかない理由は2つだけ

そしてもう一つ英語学習がうまくいかない理由について触れていきます。
学生時代から何年も学習しているのに英語が身につかない原因は以下の2つのどちらかです。

・やり方を間違えている
・学習にかける時間が足りていない

このどちらかしかないと思っています。

やり方については、これまでに学校教育の問題点とインプットの重要性について書いてきたとおりですので、自分の認識を変える必要があります。

時間が足りないという点については学習時間を増やすしかないですが、そもそも学習時間が少なくなってしまう根本的な原因は何でしょうか?

やはり「英語をできるようにならなくても、まあいいか」という感じで、英語習得に対する絶対的な必要性が薄いことが考えられます。

英語ができるようになることによって生じる具体的な利益や、英語ができないことに対する危機感が薄いため、スイッチが入っていないということです。

これは動機づけの問題です。
その人の経験値や能力の問題ではなく、スイッチが入っているかいないかだけのことです。

私は英語が苦手だった時に「英語を身につけるためにはその人の能力が大きな影響を占めていて、人それぞれ向き不向きがある」と考えたことがあります。

皆さんも伸び悩んだときはこのように考えたことがあるのではないでしょうか。

しかしそんなことはありません。
英語習得に特別な能力は必要ないですし、人によって向き不向きもありません。

やれば誰でもできるようになります。
私も学生時代英語が全くできなくて苦手でしたが、今は好きになったので断言できます。

ではどうやって英語学習のモチベーションを上げるかですが、私の経験から「英語ができるようになった未来の姿」をイメージするとよいです。

私がイメージした英語ができる人の姿は以下です。

・英語の事業の携われるため、断然稼ぐチャンスが広がる
・もし不景気になったとしても、他の人と差別化できるスキルがあれば食いっぱぐれない
・海外ドラマを英語で観られるようになると楽しさが倍増する
・英語ができると純粋にカッコいい

どうでしょうか。
このようにプラスのイメージを持つことでやる理由が明確になりませんか?

学生時代は英語を勉強するのが嫌でしたが、社会人になってから自分の利益を具体的にイメージするようにしたところ学習を習慣化することができました。

また逆にやらなかった場合のマイナスのイメージもすることも有効です。

・サボってやらないと貴重な時間を無駄に失ってしまう
・いざ不景気になったときに自分を売り込む術がなくなってしまう
・今後向上や変化のない生活のままになる

できなかったときに「こうなりたくないというマイナスのイメージ」を持つことで、それがやる理由にもなります。

動機づけの方法は何でも構わないので、参考にしてみてください。

今回読んだ本の紹介

冒頭でも紹介しましたが、今回の「英語はもっと科学的に学習しよう」という本では「第二言語習得(SLA)」をもとに、科学的な英語の学習方法について書いています。

読んでみましたが、これまでの自分の学習方法が正しいのかどうか、また自分の英語学習の動機づけ方法についても書かれているので参考になります。

今回書いた内容はこの本を参考にはしていますが、あくまで一部となります。
詳細はこの本に書かれているので気になる方は読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました