ディズニーの英語シリーズで、楽しみながら英語学習しよう!

スポンサーリンク
英語全般
スポンサーリンク

ディズニーの英語シリーズとは?

ディズニーの英語シリーズは、KADOKAWAが出版している英語学習用の本です。
絵や音声を使って、いろいろなディズニーの作品を英語で読むことができます。

2011年5月に1作目(コレクション1)が発売されて以来、現在(2020年)までで合計21作品が出版されています。

英語のリーディング力を身につけるためには英語にたくさん触れることが効果的ですが、「いきなりどんな本を読んでいいかわからない…」という人も多いと思うため、まずは親しみやすいディズニーで英語に触れることもおすすめです。

この本では、以下のような構成になっています。

・物語の本編 … 絵と英文が書かれている
・Wordsリスト … 各ページに、日本語訳された単語リストのガイドがある
・フレーズ&文法チェック … 各チャプターごとに、使用された英語表現を使って文法の学習ができる
・日本語訳 … 本の最後に完全な日本語訳がついている
・音声CD付き … 物語の本編の英文を朗読したCDが付いている

絵と英文を目で見て視覚的に学習できる、音声を聴いて耳からの学習もできる、わからない単語があっても辞書で調べる必要がないためスラスラ読める。

こんな感じで親しみやすく学習しやすい教材となっています。

というわけで、「いきなり洋書やペーパーバックに挑戦するのはちょっと…」という人でも、英語に挑戦しやすいシリーズです。

シリーズ一覧

現時点(2020年)で合計21作品が出版されていると書きましたが、それをリスト化すると以下のようになります。

シンデレラなど昔からあるものや、アナと雪の女王2のように最近作成されたものまで、幅広くメジャーな作品が扱われています。

 

タイトル 発売日
ディズニーの英語 [コレクション21 アナと雪の女王2] 2020年03月23日
ディズニーの英語 [コレクション20 トイ・ストーリー4] 2019年07月29日
ディズニーの英語 [コレクション19 リメンバー・ミー] 2018年09月21日
ディズニーの英語 [コレクション18 アナと雪の女王 家族の思い出] 2018年04月16日
ディズニーの英語 [コレクション17 塔の上のラプンツェル] 2017年08月10日
ディズニーの英語 [コレクション16 モアナと伝説の海] 2017年04月15日
ディズニーの英語 [コレクション15 ファインディング・ドリー] 2016年12月09日
ディズニーの英語 [コレクション14 ズートピア] 2016年07月13日
ディズニーの英語 [コレクション13 アラジン] 2016年03月09日
ディズニーの英語 [コレクション12 リトル・マーメイド] 2016年01月19日
ディズニーの英語 [コレクション11 アナと雪の女王
ショートストーリーズ]
2015年10月13日
ディズニーの英語 [コレクション10 インサイド・ヘッド] 2015年08月11日
ディズニーの英語 [コレクション9 ベイマックス] 2015年05月26日
ディズニーの英語 [コレクション8 美女と野獣] 2015年03月23日
ディズニーの英語 [コレクション7 シンデレラ] 2015年03月23日
ディズニーの英語 [コレクション6 ミッキーマウス] 2014年12月15日
ディズニーの英語 [コレクション5 アナと雪の女王] 2014年08月25日
ディズニーの英語 [コレクション4 眠れる森の美女] 2014年07月02日
ディズニーの英語 [コレクション3 トイ・ストーリー/
トイ・ストーリー2/トイ・ストーリー3]
2011年05月13日
ディズニーの英語 [コレクション2 ファインディング・ニモ/
モンスターズ・インク/リロ&スティッチ]
2011年05月13日
ディズニーの英語 [コレクション1 くまのプーさん] 2011年05月13日

メリットは?

冒頭でも軽く触れましたが、ディズニーの英語シリーズを使って英語学習するメリットとは何でしょうか?

それは以下があります。

・絵がついているので、文章だけではわかりにくい表現もイメージが理解しやすい
・わからない単語はそのページ内に日本語訳されたガイドがあるので、辞書で調べたりページをめくったりする必要がない
・音声と絵を見聞きしながらリスニング学習もできる
・一度でも観たことがある作品であればストーリーがわかっているため、たとえ全て英語でも取り組むハードルが低い
・「自分の好き」を学習用の教材にできる

ざっと挙げるとこんな感じでしょうか。
英語が嫌いな人はいても、アニメやディズニーを嫌いな人はいないと思います。

このディズニーの英語シリーズは子どもでも易しく学習できる教材となっていますが、私は大人でも十分学習に使えると考えています。

何より「自分の好き」に触れ続けることが上達への近道になりますからね。

逆にデメリットは何かあるでしょうか?

大きなものは特に思いつきませんが、強いて言うとすれば本を買うのにお金がかかるということでしょうか。

当然と言えば当然ですが、買ったのに読まない、ということであればもったいない気はします。

ちなみに私は他の洋書も構わずどんどん買っているため、合計すると本に投資した金額はかなりの額になりますが、買って後悔したことはありません。

基本、全て読んでます。(難しいものは斜め読み、飛ばし読みとかもありますが)
読んだ分自分の知識になるため、買って無駄になることはないからです。

基本的に本が好きだということもあると思ってます。

本題に戻りますが、これは月額いくらという感じでお金がかかるわけではないので、まずは自分が興味を持てそうな作品を買ってパラパラ眺めてみるということだけでも英語学習のきっかけづくりにはなります。

ぜひ、ディズニーの英語シリーズなどを使って、英語の本に触れるきっかけを作っていただきたいですね。

本の中身を紹介

では、実際に本の中身がどうなっているのかを書いていきます。
ここでは、ディズニーの英語 [コレクション14 ズートピア]を例に挙げます。

キャラクター紹介 … ジュディ、ニック、その他登場人物の紹介

本編開始

チャプター1 … ジュディが警察官になるまで
☆フレーズ&文法チェック

チャプター2 … ジュディの警察官の仕事開始
☆フレーズ&文法チェック



チャプター7 … 最終章、エンディング
☆フレーズ&文法チェック

日本語訳 … 全チャプターの日本語版

索引 … 使われている英語のフレーズの早引き表

以上のような流れになっていますが、☆印をつけた部分で各チャプターごとにフレーズと文法の学習ができます。

<whether A or B> AかBかどちらか、<want to ~> ~したい、などよく使う表現を解説付きで学習できます。

本編を読み進めていきながら、途中わからない箇所があればここで文法の学習をするとよいでしょう。この部分が普通の絵本と違っていますね。

本文中で使われているフレーズを自分でも会話で使ってみることで、確実に英語は身についていきます。

おすすめの学習方法

ディズニーの英語シリーズを使った私のおすすめの学習方法について紹介します。

学習方法といっても、そんなに特別なことではありませんが

・まずはそのまま英語で物語を読む(わからない単語はWordsリストを見る)
・フレーズ&文法チェックでよく使う表現も確認する
・読み終わったら、わからなかった部分を日本語訳でチェックする
・付属のCDを使ってリスニング練習をする

という感じで順番に進めていけばよいです。

ここで意識する点としては「英語を学習するという意識は持たず気楽に読む」ということです。
ディズニーの良いところとしては、楽しみながら読めるという点です。

なので普通の洋書やテキストなどと違って勉強すると考えるのではなく、趣味で映画を観る感覚で楽しんで取り組むと良いです。

ちなみに何がおすすめの作品なの?と思われるかもしれませんが、基本は好きなものでよいと思います。

好きなものが一番抵抗なく読み進められるので。
私は個人的にズートピア、アナと雪の女王、トイ・ストーリーなどの話が好きです。

ディズニー好きな人は、ぜひディズニーの英語シリーズを使って英語の学習をしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました